ストレスチェックは誰でもできる?必要な資格や研修制度・実施方法について解説

働く人のメンタルヘルスは非常に重要な課題になっています。
うつ病やパニック症など仕事のストレスや人間関係、パワハラやセクハラでメンタルを病んでしまう人も多くなっているからです。
企業は安全管理義務の責任の観点からストレスチェックが義務化されています。
従業員50名以上では保健師や産業医を置いてメンタルヘルスに努める必要もあります。
当サイトでは、ストレスのチェックの必要な資格や研修方法や実施方法についてご紹介します。

ストレスチェックは誰でもできる?必要な資格や研修制度・実施方法について解説

従業員50名以上の企業では、精神保健福祉士、看護師もしくは歯科医師、公認心理師を置いて定期的なストレスチェックを実施することが義務づけられています。
必要な資格は先に述べた有資格者であり、犬種制度を受講しなければいけません。
研修は日本精神保健福祉協会でオンラインにて研修を受けることが出来るようになっています。
ただこうした有資格者だけではなく日本精神保健福祉協会に会費を納めている人も、研修を受ければ企業で義務化されているストレスチェックを実施することが可能です。
ストレスチェックは安全配慮義務の観点から、社員のメンタルヘルスを管理する上で大事なことといえます。

ストレスチェックを実施するのに必要な資格

ストレスチェックは誰でも行えるわけではありません。
ストレスチェックを実施できる者に関しては労働安全衛生規則によって具体的に示されており、さらに厚生労働省の指針においても実施者の役割がきちんと書かれています。
ストレスチェックを実施できるのは、医師や保健師または厚生労働大臣が定める研修を修了した看護師や精神保健福祉士、歯科医師や公認心理士になります。
看護師などの資格があったとしても、研修を修了していないと実施者になることはできません。
ただし労働者の健康管理の業務に3年以上従事した経験がある看護師と精神保健福祉士は、研修の受講が免除されます。
実施者になった場合、労働者のプライバシーに関わる調査を行い判定をするので、個人情報を守る意味でも守秘義務があります。
秘密を漏らしてしまったり、労働者の許可なく事業者に情報を開示した場合守秘義務違反となり罰則を受けるようになります。
そのためしっかりとした人を選ぶ必要があります。

研修修了者もストレスチェックが行える

常時50人以上の労働者がいる事業場では最低でも1年に1回はストレスチェックを行わなくてはなりません。
この常時50人以上とは継続して雇用している動労者を指しており、契約社員やアルバイト、パートも該当します。
このストレスチェックは簡単に行うことができるものの、実際に実施できる人は定められており、事業者自らが勝手に行うことはできませんし、労働者に許可なく勝手に結果を見ることもできません。
実施できる人は医師や保健師、産業医と定められており、資格者に限定されています。
ですが厚生労働大臣が定める研修を修了した看護師もしくは精神保健福祉士でもストレスチェックを行うことが可能です。
さらに看護師と精神保健福祉士に関しては、労働者の健康管理に3年以上従事した経験があれば、研修の受講が免除されます。
このようなことから医師や産業医、保健師だけでなく有資格でもストレスチェックの実施者になることができ、歯科医師や公認心理師であってもなることができます。

ストレスチェック実施者に求められる役割

ストレスチェックを行うことができるのは、医師や保健師、産業医や公認心理士などです。
労働者の権利を守りながら事業場に必要な結果を伝えなくてはならないため、資格を持たない人は担当になることはできず守秘義務も守必要があります。
ストレスチェック実施者に求められる役割は、調査票の選定とストレスの度合いの評価方法の決定がまずあげられます。
調査票は決められた書式があるわけではなく各企業が作成しますが、必ず入れなくてはならない3領域があり、実施者の助言がどうしても必要となります。
事業者とともに作成段階から携わり、実際にどのようなことをチェックするのか考えなくてはなりません。
このほか必須業務として、医師との面接の必要性の確認と指導への適正判断があります。
ストレスチェックをしただけで終わらず、ストレスを感じている従業員に対してどのように指導を行っていくのか、職場へはどう伝えて環境を改善していくのかを具体的に考え提言していきます。

医療系の資格がなくてもストレスチェックの実施は可能?

医師や保健師の資格があればストレスチェックが実施することができます。
それ以外でも看護師、精神保健福祉士、歯科医師や公認心理師も厚生労働省が認めた機関での研修を受ければ実施者となることができます。
残念ながら無資格者が実施することはできず、必ず何らかの国家資格は必要です。
医師や歯科医師、保健師、看護師以外でストレスチェックが実施できる資格としては精神保健福祉士や公認心理師があります。
公認心理師は医療系の大学に行かなくても、放送大学などで取得できる資格となります。
精神保健福祉士については、一般の大学を卒業した後で一般養成施設での1年間の従事をすることで受験資格を得ることが可能です。
大学を出ていなくても、相談補助実務を4年経験したのちに一般養成施設での1年間の従事すれば、同じように受験資格を得られます。
このように医療系の学校に通って資格を取得していなくても、 ストレスチェックを実施する資格を得ることも可能です。

ストレスチェックと課題と解消方法の問題性

ストレスは少なすぎても多すぎても良くありません。
少ないと良いことと考えるかもしれませんが、刺激が少なくなると体内でホルモンバランスが崩れたり代謝が悪くなるなどのデメリットがあることが近年の臨床で判明しているのです。
だから適度にストレスと付き合うことが、バランスの良い生活になります。
ストレスチェックを行い課題を見つけ、ストレスと正しく付き合っているか俯瞰することは重要です。
ストレス解消の方法も同時に行い、法律やモラルに反していたり健康を害する解消方法を選択しているのならば、生活パターンや考え方を変える必要があります。
またストレス解消のために犯罪行為をしてしまっては、一生を棒に振るだけではなく被害者にも謝罪出来ない傷を負わせてしまうからです。
定期的なストレスチェックを行い、自分の現状を客観的にチェックすることが大切になります。
前述したようになくても合っても困りますが、一番困るのはモラルを害した解消方法になるのです。

ストレスチェックは唾液診断だけで完了できるもの

日本は先進国のなかでも、多くの方がストレスを抱える国となっています。
10代から70代以上の方でも、食欲不振や不眠症を実感されており、今ではうつ病を罹患するのは風邪を引いたのと同じと言われているほど。
また厚労省では従業員数が50名以上の企業に対して、毎月ストレスチェックを実施するようにと指導もあされるようになりました。
そこでここでは、ストレスチェックの概要を簡単に解説をしていきましょう。
以前は心理療法士が問診をして実施をしていましたが、現在はその必要はありません。
ストレスチェック専用マシンというものがあり、リトマス試験紙に唾液を付着させてチェックを完了させることが可能です。
赤・青の2色の変化度合いで、今現在のストレスチェックを確認することができます。
濃い赤だと非常に多くのストレスを抱えていることを示しており、事業社ではその従業員に個別で聞き取りをするのが義務付けられています。
青なら問題はありません。

気軽に健康状態を確認できるスマートフォン対応ストレスチェック

会社にとって大切な人材である社員が、ストレスによる影響で体調を崩すケースが増えています。
そのような状況になると業務がスムーズに回らなくなってしまうため、大きな影響が出ると考えてよいでしょう。
こうした事態を防ぐのに役立つのが、スマートフォンを用いたストレスチェックです。
ストレスチェックとは心身への影響や溜まり具合を簡易的にチェックするためのもので、体調が不安定になるのを前もって見つけることができます。
早期に発見することで社員の健康を守ることができるので、現在では多くの企業が導入しているサービスです。
スマートフォンに対応したストレスチェックはいつどこでも気軽に利用できるのが利点で、操作性も優れていることから誰にでも扱えるのが特徴です。
通常のサービスと異なり、チェック後は結果がすぐに表示されます。
これにより自分の状態がどのようなものであるのか待つ必要がなくなり、素早い対応が可能になるのも魅力です。
社員の健康のためにもぜひ活用を検討したいサービスと言えます。

ストレスチェックで心理面をフォローしチームワークで仕事をマネジメント

ストレスチェックは会社を運営する時には必要ですし、何よりも大切なことは仕事を成功させたいと言う思いであり、チームワークで困難に打ち勝つことです。
マネジメントをする役割もあれば、営業で顧客と交渉し自分たちの商品やサービスを売る人もおり、お金の管理やバックオフィスを担う人も居て全てが仲間になります。
日本ではフロントマンばかりが重視されて、間接部門を軽視してしまい顧客情報を流出させたり資金を横領や流出させてしまうこともあるのですが、これではいくら成果を上げても水を張ったタライの底に穴が開いているのと変わりません。
日本では近年マネジメントの概念が取り入れられつつあります。
部下を管理して叱るのではなく、自分も仲間の一人として部下にパフォーマンス能力を発揮してもらえるように協力すること、バックオフィスを軽視するのではなく一丸となって利益を上昇させて利益を守ることをチームで達成することがマネジメントを行う管理職の仕事であると認識されてきました。
ストレスチェックを行い心理面のフォローをすることだって、会社やマネジメント社員の重要な仕事です。

ストレスチェックで退職率を下げる対策を講じる

ストレス社会と称される程毎日の生活の中で、強いストレスを感じているという人は多くいます。
ストレスはもちろん目に見える確かなものではなく、心と体に蓄積していく負担で我慢出来るからと対策を取らないままでいるとある日会社へ通勤することが出来なくなることもあります。
企業側として重要なのは退職率を下げる為に、働く人の心と体の健康を守る対策を講じることです。
有効な手立てとして挙げられるのが、定期的に行うストレスチェックです。
ストレスチェックはストレスに関する質問を用意して働いている人に記入回答してもらい、その結果を集計分析することで心と体の状態がどうなっているのかをチェックすることです。
メンタルヘルスの不調は自分でも気づかないうちに進行している場合も多く、周囲も気づいていないケースも多いです。
深層心理の中で心と体に強い負担がかかっている場合には、解決方法を提示して働く人の仕事の意欲を失わせない努力が企業側には必要となります。

リフォームに関する情報サイト
ストレスチェックのポイント

働く人のメンタルヘルスは非常に重要な課題になっています。うつ病やパニック症など仕事のストレスや人間関係、パワハラやセクハラでメンタルを病んでしまう人も多くなっているからです。企業は安全管理義務の責任の観点からストレスチェックが義務化されています。従業員50名以上では保健師や産業医を置いてメンタルヘルスに努める必要もあります。当サイトでは、ストレスのチェックの必要な資格や研修方法や実施方法についてご紹介します。

Search